タグ別アーカイブ: PC-98

FD(Files & Directory) ~故 出射 厚氏にささぐ~

今から約17年前、友人「KIM」氏達とPCを買いに秋葉原へ襲撃に行きました。
「千石電気」の斜め向かい・・・今はコインパーキングに変わっているその土地に、「ソフマップ5号館」がありました。

9801fa

そこで買ってきたのは、私の記念すべき最初のPC、「NEC PC-9801 FA2」です。
社外品のHDD(120MB)と社外の外付け3.5インチFDDとセットで約160Kで購入しました(´▽`)ノ
そしてしばらく、MS-DOSの基本的な操作や知識を鍛錬すべく、「0で除算しました」を何十回も繰り返し、ひたすらキーボードを叩いていました。
しかしMS-DOSは「コマンドプロンプト」が命令を待つ、素っ気無い画面でした。
理解しようも今ひとつ出来なかった私に、「KIM」氏が超強力なソフトを持ってきてくれました!
それが「FD」でした(´▽`)ノ

FD(ファイル管理 for PC-98)Ver 3.13

MS-DOSからPCを触った人じゃないと判り辛いかもしれませんが、今で例えると「Windowsのエクスプローラが無い時の救世主」的な存在でした!
とにかくFDは初心者でも使いやすく、メモリを消費しない、容易な操作性云々が、今の私を在り続けさせてくれる要素だと思ってます(´▽`)ノ
実際「コマンドプロンプト」や「コマンドライン」にはFDより優れたファイラーはありますが、私は誰が何と言おうとファイラーならFDを推挙します!!
今でもある程度の理解が必要なスキルですが、「ファイルとフォルダーの概念」を、このFDを使ってとことん鍛錬できました。そしてMS-DOS上でのファイル操作とディレクトリ(フォルダー)の概念を理解する事が出来、「KIM」氏からわずか4ヶ月で「PC操作の免許皆伝」を頂きました(´▽`)ノ
「ガルさん・・・これ程の高度な管理が出来るようになったんですね。・・・もう私は教える事はありませんよm(__)m」
今でも「KIM」氏の言葉を覚えています^-^

また、LHA や Vz Editor との連帯が容易に可能だったので、キーボードだけでもありとあらゆる操作が出来たのもFDの凄い所でした!
また、3.13になってからはCD-ROMやMOも読み込めるようになったので、使いやすさ倍増!手放せないソフトとなりました(´▽`)ノ
(Windows3.1 のファイルマネージャなんて恐れるに足らず!でしたからね)

しかし・・・世間はWindows95に代表されるGUIが基本となるOSに移行し、マウスが主体になる操作が当たり前となってしまいました(^-^;
何とかFDの存続を期待したかったのですが、DOS窓でFDを使ってファイルソートを実行すると、いとも簡単にWin95が壊れる事が発覚!それ以来FDはDOSでだけで使用してます(^-^;

あれから数年、今でも家の隅に置いてある「PC-9821 Xe10」に火を灯すと、最初に起動するのは「FD」であります!

・・・数日前何気なく見たWikipediaの記事で、FDの作者である「出射 厚」氏が既に死去されていた事を知り、改めてご冥福をお祈り申し上げますm(__)m

出射さん、有難うございます。 これがきっかけでへたれSEまでになりましたが、今でもFDは大事に使っております。