タグ別アーカイブ: AF18E

細かな修正

dd50-101

DD50を完成させて、完成後の修正を行いました。

dd50-103

足回りとエンジンはホンダのバイクとなっているので、色々と買い揃えました。

下側3つはフロントブレーキのパーツ、上の少し大きいパーツはエアクリーナーからキャブへのコネクトパイプです。

フロントブレーキは完成前にオーバーホールしてパーツを交換してありますが、コネクトパイプは接着剤での修正のみでした(^-^;

しかし接着剤のノリが悪い素材なのでいくら修正しても剥がれてしまうのです(^-^;

パーツ的に20年経過しているので価格も高いものではないようなので交換しました。

そしてキャブレターのセッティングを50Km走ってセットを出しました。

やはりコネクトパイプを交換したのが良かったのでしょうか? かなり素直にセッティングが出ました(´▽`)ノ

dd50-104

後は車体下側の樹脂パーツのヤレを何とか綺麗にしようと写真の物を買ってきて奮闘中です(^-^;

だいぶ綺麗にはなりましたが、もうちょっと頑張って綺麗にしてみます!

ちゃんとした状態の写真にご期待ください(´▽`)ノ

新しい相棒、完成しました(´▽`)ノ

私の通常移動の新しい相棒が完成しました(´▽`)ノ

dd50-101

車種 : SYM DD50 (SYM RFGFT05)

主な改造点 : エンジンをHONDA AF18E(スーパーDio太軸)に載せ替え、フロントサスをライブDio純正金サスに変更、前後ライブDio用金ホイール、KOSO 強化イグニッションコイル

このDD50を手に入れてから足掛け4ヶ月近く掛かってしまいましたが、フレームがくたびれていたAF25 DioSRからほぼポン付けで流用出来た事がポイントです。(一部互換性がない部品あり)

dd50-102

後ろからの写真です。 なんとなくスーパーDio ZXに似たデザインですが、駆動系カバーのHONDAの刻印が「Powerd by HONDA」を主張するアクセントになっています(笑)

「台湾で育ったDioの末裔を、本家Dioのパーツでコラボした、人とは違うスクーター」というコンセプトで作り上げてみましたが、結構サマになっていて大満足です(´▽`)ノ

これからもコツコツいじっていきます(´▽`)ノ

コツコツ進めています

dd50-005

先日エンジンを載せ替えて無事に動いたDD50ですが、今日はフロント部分の移植を行いました。

リヤほど苦労はなさそうだな・・・と思っていたら、意外にもポン付けが出来ませんでした(^-^;

フロントフォーク自体は互換性あり・・・というか、ここはポン付けOKでした。

しかし問題が2つあり、一つはスピードメーターワイヤーでした。

dd50-006

まず、DD50のスピードメーターワイヤー取り付け部分。

dd50-007

Dio(金サス・ディスクブレーキ車共通)の同じ部分・・・。そう、メーターワイヤーに互換性が無いんです(^-^;

ここは仕方なくAF27/28用のメーターワイヤーを使いました。

(AF18/25用は長さが足りないのでワイヤーが突っ張ります!)

あと写真を撮り忘れましたが、問題その2。

ディスクブレーキのキャリパーも互換性がありません。

正確に書くと、DD50のキャリパーはモンキーR等のパッドが大きいタイプを使っていて、キャリパーサポートもピッチが違うので取付けられません。

・・・とまぁ色々ありましたが、フロントも移植が完了しました(´▽`)ノ

後はヤレた外装の化粧直しとナンバーを取得だけです!!(´▽`)