カテゴリー別アーカイブ: バイク関係

新しい相棒、完成しました(´▽`)ノ

私の通常移動の新しい相棒が完成しました(´▽`)ノ

dd50-101

車種 : SYM DD50 (SYM RFGFT05)

主な改造点 : エンジンをHONDA AF18E(スーパーDio太軸)に載せ替え、フロントサスをライブDio純正金サスに変更、前後ライブDio用金ホイール、KOSO 強化イグニッションコイル

このDD50を手に入れてから足掛け4ヶ月近く掛かってしまいましたが、フレームがくたびれていたAF25 DioSRからほぼポン付けで流用出来た事がポイントです。(一部互換性がない部品あり)

dd50-102

後ろからの写真です。 なんとなくスーパーDio ZXに似たデザインですが、駆動系カバーのHONDAの刻印が「Powerd by HONDA」を主張するアクセントになっています(笑)

「台湾で育ったDioの末裔を、本家Dioのパーツでコラボした、人とは違うスクーター」というコンセプトで作り上げてみましたが、結構サマになっていて大満足です(´▽`)ノ

これからもコツコツいじっていきます(´▽`)ノ

コツコツ進めています

dd50-005

先日エンジンを載せ替えて無事に動いたDD50ですが、今日はフロント部分の移植を行いました。

リヤほど苦労はなさそうだな・・・と思っていたら、意外にもポン付けが出来ませんでした(^-^;

フロントフォーク自体は互換性あり・・・というか、ここはポン付けOKでした。

しかし問題が2つあり、一つはスピードメーターワイヤーでした。

dd50-006

まず、DD50のスピードメーターワイヤー取り付け部分。

dd50-007

Dio(金サス・ディスクブレーキ車共通)の同じ部分・・・。そう、メーターワイヤーに互換性が無いんです(^-^;

ここは仕方なくAF27/28用のメーターワイヤーを使いました。

(AF18/25用は長さが足りないのでワイヤーが突っ張ります!)

あと写真を撮り忘れましたが、問題その2。

ディスクブレーキのキャリパーも互換性がありません。

正確に書くと、DD50のキャリパーはモンキーR等のパッドが大きいタイプを使っていて、キャリパーサポートもピッチが違うので取付けられません。

・・・とまぁ色々ありましたが、フロントも移植が完了しました(´▽`)ノ

後はヤレた外装の化粧直しとナンバーを取得だけです!!(´▽`)

バトンタッチ

さて、ラジコンばかり捗っていますがたまにはバイクの事を(^-^;

af25diosr-1001

長年私の足として活躍してくれたDio SRですが、ひょんな事に手に入れたバイクに乗り換えることにしました。

dd50-001

台湾のサンヤン工業・・・SYMのDD50です! 縦型Dio系(AF18Eエンジン搭載車)の末裔です。

詳しい内容はウィキ先生等で調べてください(^-^;

エンジン焼き付きの不動車ですが、格安で譲って頂きました(´▽`)ノ

この車体を手に入れてから、私自身で調べた結果、エンジンを始めあらゆるパーツが無加工で搭載できるようです!

dd50-002

早速バラしているし・・・(^-^;

AF18Eエンジンを載せ替えた人ならかなり容易い作業です。 本当に作りがAF27スーパーDioとほぼ同じですもん(^-^;

dd50-003

ご臨終となったエンジンです(^-^;

詳しく調べると、強制空冷に必要なダクトが2箇所欠品してました。・・・だから焼きついたのか・・・(^-^;

dd50-004

で、DioSRから外したエンジンです。 元々AF27Dioの太軸エンジンなので、大して違いは無いだろうとホイホイと載せ替えて・・・

dd50-005

こうなりました! 本当にポン付け可能です・・・(^-^;

驚いたのが配線カプラーやキャブレターのスロットル部分までポン付け出来た点です(^-^;

私個人的にカスタムした点は、KOSOの強化イグニッションコイルとAF27純正燃料ポンプを引き続き使うようにセットした事です。

んで・・・元通りに組んでエンジン始動!!

・・・普通に動きますねぇ・・・(汗)

今日は本当に暑かったので、残りのパーツ取替は後日行います(´▽`)ノ