メーカー製PCに潜む罠


dc7900us-01

え~、先日またまたメンテナンスを施したDC7900ですが、ちょっと罠らしき不具合に陥ったので皆様に参考になれば・・・と思い、書きます。

先日DC7900のメンテをした際に、チップセットのヒートシンクを確認しました。
ヒートシンクは針金状のロッドで固定されていますが、ずれ等が無いか確かめる為に手でぐりぐりっと動かして確認したのです。
コレがいけなかったらしいです!・゚・(つД`)・゚・

その後から、事動画関係のサイトでゲーム攻略等を見ていると突然電源が落ちてしまう不具合が発生するようになりました。
??・・・おかしいな?・・・と思って数度ケースを開けて確認して戻す・・・という工程を繰り返すと段々落ちる時間が短くなってきているし!(゜д゜)
ありゃりゃ?変だな・・・??と思ってCPUファンとヒートシンクを綺麗に清掃して戻すと・・・余計酷くなっているし!!・゚・(つД`)・゚・

ん?もしかして・・・とピン!と閃いた私は、会社の帰りにとあるモノを買って家に帰って試してみました。
結果・・・やはり!! 元に戻りました(´▽`)ノ

実はコレ、チップセットのヒートシンクが悪さをしていたのです。
メーカー製のPCはCPU以外のヒートシンクに両面テープのような素材を使ったシートをシリコングリスの換わりに使っている事が多々あります。
このシートが曲者で、ちょっとでもずらすとはがれてしまい、ヒートシンクに十分熱を逃がす事が出来なくなり、かつはがれた部分にも熱が溜まってしまうようなのです。

こういった場合、シートを綺麗に剥がして代わりにシリコングリスにすると嘘のように症状が治まります!
実際私のDC7900では22時間動画を再生しても突然電源が落ちるという不具合は起こっていません(´▽`)ノ

メーカー製PCでメンテ後に不具合が・・・って方、一例の参考にして下さい(´▽`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です