月別アーカイブ: 2013年2月

えーと・・・

まったくBlog書くのが疎かになってますね(汗)

えーと、色々な事情を踏まえて「ラジコン関係」の記事が大幅に多くなりそうなので、事ラジコンに関しては別のBlogに移す事にしました。

面倒だと思いますが、なにとぞご理解を・・・m(__)m

シャーシが完成しました

先日買った京商 ペガサスのシャーシが完成しました(´▽`)ノ
部品の精度を見るために、グリスなどは塗らずに素組みですけど(^-^;

k-pegasus03

エントリーモデルらしい、バスタブフレームに各部品を取り付けて行く作業でした。
いやぁ、数年ぶりの新規からラジコン製作は楽しいです(´▽`)ノ

k-pegasus04

後ろから撮影。 このペガサス、驚いた事にほとんどの部品がプラスチックで構成されています。
金属フレームに金属パーツてんこ盛りのオプティマやギャロップとは対照的です。
この車の特徴であり最大の欠点ともなる「プラヒンジ」によるサスペンションアームがいい味出してます(笑)

まじまじと見ると、この車を商品化した京商さんのラジコンメーカー魂を垣間見る事が出来ます。
当時、タミヤさんがホーネットでラジコンの初心者を多数獲得したのを指をくわえて見ていた京商さんが放った「走り重視のキット」として放った刺客とでも言いましょうか?
聞くと当時のペガサスはホーネットよりも足回り(サスペンション)の出来が良く、走らせるとその違いがかなり出たそうです。
名車オプティマを放った京商のDNAはエントリーモデルでも健在だったんだとか・・・。
(オプティマは私にとって「憧れ」でした。 当時ホットショット改で挑みましたが、全く歯が立たなかった・゚・(つД`)・゚・ )

話が逸れてしまいました(^-^;
この後タイヤ等を取り付けてシャーシの詳細を友達の「おく」氏と十分な論議と指南を得て「大人のペガサス」として再構築する予定です。

過程は随時更新していく予定です。 かなり長い期間掛かりそうですがご期待下さい(´▽`)