X61の無線LANを交換しました


毎度毎度のX61ネタです(^-^;

tpX61-1

順調に動作していたThinkPad X61ですが、内臓の無線LANがお亡くなりになってしまいました・゚・(つД`)・゚・
この機種で散々言われている「パームレストが熱い」のが災いして、LANカードは認識はするのですがどうしてもIPアドレス取得に失敗してインターネットに接続できなくなってしまいました(ノД`)

しょうがないので、秋葉原へ行って「Intel 4965AGN」を購入しました。
ジャンクで売られていましたが、立派に802.11n接続が出来るMini-PCIe接続のLANカードです。

さて、X61を少しばらしますか・・・。

tpx61-2-1tpx61-2-2

バッテリーを外して
裏側のキーボードとベゼルのネジを外してキーボードを取り外してベゼルを外すのですが・・・

tpx61-2-3

私のX61には指紋センサーが付いているので、ここのコネクターも忘れずに外して・・・と。
しかしX40の時はベゼルがえらく固くてばらしに難航しましたが、X61は割と素直に外せました。

tpx61-2-4

ベゼルを外すと無線LANカードとご対面です・・・おぉ!!アンテナ線がもう一本絶縁された状態であります!
「Intel 4965AGN」はアンテナ線3本なので、コレはうれしい誤算です(´▽`)

・・・しかしここで問題があるんですね。
このX6x系を始めとして、このあたりからのノートPCは「純正オプション以外のカードを受け付けない」ようにBIOSで情報を持っているらしいです。
実際私も普通に挿し換えて電源をいれましたが「1802エラー」が出てOSが起動しません。
かといって別のスロットに取り付けると、「Intel 4965AGN」の無効信号?が働いて動作しないんだそうで(^-^;

ならば!と無事なX40でGoogle先生でググって見ると・・・やはり同じ考え?の同志が多数いらっしゃいます(^-^;
その中で「無線LANカード専用スロット以外で、かつ無効信号をスルーさせる方法」で回避しました。

tpx61-2-5

コレは「Intel 4965AGN」の基盤裏です。
写真だと判り辛いかも知れないですが、Mini PCIe端子の切り欠きから右2個目が「無効信号」を出す端子なので削り落としました。
ここを絶縁シールで対策するのもアリだそうですが、潔く削りました(笑)

tpx61-2-6

・・・んで、X61標準で付いていたLANカードを取り外し、もう一方のMini PCIeに取り付けました。
あ、アンテナ線はLenovoのガイドを参考にしたので、間違っているならご指摘お願いします(汗)
あとは元に戻して動作確認・・・よしよし!無事「1802エラー」になることなく動作しました(´▽`)ノ
画面下のインジケーターは消えたままですけどね(汗)

あ、あとこの作業とあわせてOSをWindows7にしました(汗)
WindowsXPで指紋認証を使い始めたあたりから凄く不安定になってしまい、これも潔く(以下略

いずれにしても、久々にPCいじったなーと充実感がありました(´▽`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です