携帯電話を修理しました #001


全く今年の冬は風が冷たくてかないませんね(^-^;

え~と、私が所有する携帯電話を現役復帰させるために修理しました(´▽`)ノ

SB923sh_1

SoftBankの923SHです。言わずと知れたAQUOSケータイの4代目にあたります。
携帯の割賦が結構高くて苦労しましたけど、何とか終わったのでネットワーク制限は解除になっています。
なぜコレを直すか?というと・・・

この大きさが一番使いやすい!!

まぁ3年も使えば愛着が沸いてくるのも人情です(^-^;
改めてauからSBにキャリア変更してついでに買った「PANTONE3 001SH」が使いづらくてしょうがないって事も一因です(^-^;

さて、肝心な修理箇所は・・・

SB923sh_2

ご覧の通り、クリアボタンが剥がれてしまったんですね(^-^;
普通なら3年経過しているので中古を買ってきて代用したいんですけど、この機種は人気があるらしくほとんど見かけません(ノД`)
見かけても結構外見がボロボロなやつばかりだし・・・(^-^;
そんなわけで、色々と解決策をネットで調べてみると・・・ああ!!ありましたよ!!解決策が!!

SB923sh_3

はい、923SHの展示用モックです(笑)
モバイルモックアップさんから2個購入しました(´▽`)ノ
どういうことかというと、このモックってやつは展示品であるので外観は実機と同じように作られています。
ということは、実機と同じ部品が使われているんですね。・・・ここまで書いたらおのずと答えは分かりますね?

SB923sh_4

・・・とまぁ完成写真です(汗)
実際キーシートをモックから移植したのですが、はがし方がめちゃくちゃ難しい!!・゚・(つД`)・゚・
しかもめちゃくちゃ薄いので剥がすのにえらい時間が掛かりました・゚・(つД`)・゚・ 
何箇所かボタンが破けてしまって失敗なのですが、実際の使用に差し障りないのでコレでOKとしました(^-^; 

まぁでも、自分の手にしっくり馴染む携帯電話がまた使えるようになったのでめでたしめでたしです(´▽`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です