年別アーカイブ: 2012年

インターネット回線をUQ WiMAXに変えました

またもや一ヶ月近くの放置です(^-^;

「SoftBank 007Z」にてインターネット接続をしていましたが、この度「UQ WiMAX」に回線を変更しました(´▽`)ノ

mzkmf300n-2

先日紹介した「Planex MZK-MF300N」との組み合わせでしたが、やはりPlanex製品って癖があるんですよね・・・(^-^;
ことPC関係でネットワーク機器は「地雷」をかなりの確率で掴まされているようで悔しくてなりません・゚・(つД`)・゚・
SB 007Zもかなり癖が強く、使っていて速度が落ちるのは当たり前で、ひどいとSIMエラーで再起動する始末になってしまいます!
おまけに私がPCを使う時間って、データ量規制時間がほとんどなんですよ・゚・(つД`)・゚・
いくら回線が高速でも、ある程度のデータ量で規制が掛かってしまうとゲームもやる気が起きなくなってしまいます。

・・・というわけで、このデータ量規制とは無関係!を謳う「UQ WiMAX」へと乗換えを考えていたのですが、アキバの店頭等でキャンペーンをやっているのは良いですが、新規契約は「クレジットカード」が原則必要!!と2回も門前払いを食らったのです・゚・(つД`)・゚・
おいおい!キャンペーンで普通に契約できないのか!!と怒った私はインターネットで直接申し込みをして見ました・・・。
翌日あっさりと「契約完了しました」と一報が入り、注文した機材が2日後に到着しました。

DSC_0031

注文したWiMAX端末は「URoad-Home」です。
「UQ-Flat 年間パスポート」で契約なので、この端末は実質2800円で購入しました(笑)
私みたくデスクトップで有線LANをメインに使おうとすると、これしかラインナップ無いんですよね(^-^;

さて端末を設置して、有線LANを繋げて電源を入れて・・・数分後にほぼ何も設定せずに使えるようになりました・・・(^-^;
簡単すぎる!(^-^;
今日ほぼ半日をPCで色々とイタズラして見ましたが、概ね良好です(´▽`)ノ
ゲームでも回線の速度に依存する変な引っ掛かりが少なくなり、久しぶりにリネージュで狩りを楽しみました(´▽`)ノ

これで憂いなくPCを楽しむ時間が増えそうです(´▽`)ノ

プラネックス MZK-MF300N

dc7900us-01

デスクトップ「HP Compaq DC7900」を購入して快適になった我が家のPCに、もうひとつ工夫をこらしてみました(´▽`)ノ

mzkmf300n-1

上記は「Planex MZK-MF300N」というルーターです。1980円で購入しました。

mzkmf300n-2

大きさを比較するために「SoftBank 007Z」を横に並べてみました。 ・・・またまた小さい機器です(^-^;
この小ささで802.11n接続が出来る立派なルーター親機です。
なぜこいつを買ったかというと、このルーターは有線LANポートを一つ備えていて、普段はWANポートとして使え、逆に有線LANに「コンバータモード」として出力する機能を備えているのです。

今私の家で使うネットワーク機器で「SoftBank 007Z」のみインターネットに接続できます。
しかし、「HP Compaq DC7900」は無線LANを搭載していません(^-^; 有線Gigaビットポートを一つ備えています。
そうなると当然「SoftBank 007Z」をUSB接続をせざるを得ないのですが、困った事に接続すると強制的にPCのドライブレターを2つ(ソフトウェア領域とSDスロット)占領します(^-^;
Windowsで長らくファイル管理のためにエクスプローラを使っていますが、この2つが非常にうっとうしくてたまりません(^-^;
特にUSBフラッシュメモリ等を頻繁に使う時、ドライブレターが無駄に多くなり過ぎてしまうのです。

事態を早急に解決しようと思い立ち、「SoftBank 007Z」を親機に、手持ちの「Buffalo WHR-G300N」を子機にして「HP Compaq DC7900」に有線LANで繋げてみようと試しましたが、「Buffalo WHR-G300N」は他社製品を受け付けないんですね(-_-メ)
そんなわけでネットで解決策を探した所、手頃そうな解決策が「Planex MZK-MF300N」だったのです。

設定の方法とかはここでは省きます(^-^; 以下のように構築しました。

ルーター・無線LAN親機 「SoftBank 007Z」
無線LAN子機 「Planex MZK-MF300N」(コンバータモード) → 有線LAN → 「HP Compaq DC7900」

何だか回りくどい接続ですが、これでやっと普通のデスクトップと変わらない使い勝手になりました(´▽`)ノ

ヒューレットパッカード・Compaq DC7900

またまたBlogをサボってすみませんm(__)m

デスクトップPCを復活させるべく色々と用意していたものの、どうも事がうまく運べませんでした(ノД`)

espurimoD5280

これは先日のBlogで書いた物の正体、「Fujitsu FMV ESPRIMO D5280」です。
こいつはジャンク扱いで格安で売られていたものを買ってきたのですが、結果としてメモリコントローラ周りの不具合があったらしく、BIOSを書き換えようが、新品のメモリをつけようが、CPUをダウングレード(Core2Duo E8400からE8200)しようが、CPUクーラーを取り替えようが不定期に強制リセットがかかってしまうんです・・・だからジャンクで売られていたのか(^-^;

こんな事をやっていたものですから、手元に新品・中古パーツが余るのは必然です(^-^;
そう思って自作PC21代目の襲名を・・・と思っていたのですが、予算の関係上それが出来なくなってしまいました・゚・(つД`)・゚・
しかし何とかデスクトップは使いたい・・・と考えて、秋葉原を彷徨っていると手頃なPCが売っていました。

dc7900us-01

「HP Compaq DC7900 UltraSlimDesktop」です。12.8Kで購入しました。
写真だと大きさが実感できないでしょうが、デスクトップとしては本当に小さいです(^-^;
電源は専用のACアダプターで外付けです。

dc7900us-02

中身もミニマム・・・これってほとんどノートPCの基盤ぢゃん!(^-^;
HDDはS-ATAの2.5インチがスリムDVD-ROMの下にマウントされています。
ってなわけで、DC7900で以下のように環境を構築しました。

D5280に付いていたスーパーマルチDVDドライブを移植
ThinkPad X61 に使用していた500GB HDD を移植
友人ファイヤー氏から貰ったノートPC用DDR-2メモリ 1GBを増設
OSはWindows7 Ultimate 32bit

使用感は・・・いいですね(´▽`)
まず19インチワイド液晶の広さに快適さを感じ、長年使っていた「IBM 5576-B01キーボード」の使い易さにほっと胸を撫で下ろしてます(´▽`)

いずれにしても我が家にデスクトップが復活して良かったです(´▽`)ノ