AF26 ズークを修理しました


え~、連続的に原付ネタが続きます(^-^;
以前購入してから会社に置いてある「ホンダ ZOOK」を修理しました(´▽`)ノ

af26zook-1

・・・形式番号が私のDioSRの一つ後ろだとは知りませんでした(^-^;
今で言う「スズキ チョイノリ」のような原付ですね。
購入してからすぐにエンジンがかかったのですが、リヤブレーキが固着してタイヤがロック状態だったのです(^-^;
ここ数日天候が変わりやすかったのでなかなか手がつけられませんでした(^-^;
んで、久しぶりの2日休みなので、本格的に作業しました。

さて、まずズークのカウルを外すのですが、コレが意外に面倒でした(^-^;
以前からHPを拝見させてもらっている「zookな部屋」さんを参考にしてカウルを外しました。

af26zook-2

テールランプを外して、シートを外して、ヘッドライト周りを外して、カウル固定ボルトを外して、カウルを上に持ち上げて180度回転させると上記の写真のようになります。
・・・コレでやっと整備が出来るようになります(^-^;

ズークは縦エンジンですが、一昔前のAF05Eが使われています。 モトコンポやDJ-1と一緒ですね。
豪快に錆付いたマフラーボルトに苦戦しながらも、何とかリヤタイヤを外しました(^-^;

af26zook-3

・・・あれ?思ったより綺麗な中身でちょっとびっくり(^-^;
リヤタイヤのロック状態は、ブレーキカムの固着でした。 ワイヤーは切れ等が無くこのまま使えるようなので一安心(´▽`)
ブレーキカムを引っこ抜いて綺麗に清掃した後、しつこくグリスアップして元に戻しました。

写真には撮りませんでしたが、2ストオイルも純正新品に全交換しました(´▽`)ノ

・・・コレで最低限動くようにはなりましたが、外観が年式相応で白っぽくなっています。
ついでに情報を参考にして綺麗にしてみようと思って・・・

af26zook-4

必殺!「メラミンスポンジのアーマオール浸し擦り」です。
私も本当にコレいいのかな?と半信半疑でやってみると・・・

af26zook-5

ウホッ!いい艶!!(゜д゜)
前面部が綺麗になってます。 手が少しべとつきますが、水に浸してこするより圧倒的に綺麗になります!!

af26zook-6

写真だとちょっと分かり辛いかもしれませんが、小物入れのフタ部分は後で修理するためそのままですが、カウル部分が圧倒的に綺麗になっているのが分かるでしょうか?

af26zook-7

一通り磨き終わったZOOKです。結構綺麗になりました(´▽`)ノ

後は小物入れのフタ部分の修理とキャブレターの清掃等で終了です。
本当ならDio系のAF18Eエンジンに載せ替えてフレーム補強等を施してやろうと思っていたのですが、このままでも愛嬌があるバイクなので、ノーマルでしばらく乗ろうと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です