AF24 ジョルノを修理しました


え~、連発で原付ネタです(^-^;

af24giorno-1

同業者の方から、「ホンダ ジョルノ」を譲ってもらいました(´▽`)ノ
何でも車を買ってしまったために、ほとんど乗らなくなってしまったのだとか(^-^;
正確に言うと、昔私が修理して売ったバイクが再び(三度)戻ってきたことになります(汗)

このジョルノ、正真正銘の前期型です。 ただAF24の形式は「タクト」と一緒なのが謎です(^-^;

引き取った時にエンジンがかかって乗って帰れたのですが、途中でエンジンストップしてしまって押して帰ってきました(汗)
この頃の原付全般に言えるのは、大方キャブレターやエアクリーナー、プラグ等を清掃するといとも簡単に直ってしまうんですよね(笑) さすが2サイクルエンジンですね(´▽`)ノ

さて、乗って帰った時からFブレーキワイヤーがご臨終していたのでまずはそこから・・・。

af24giorno-2

一生懸命作業中です(笑)
ジョルノのFサスが「ボトムリンク式」なので、Fカウルをばらすのに結構コツが必要でした(^-^;
Fブレーキワイヤーを新品(たまたま寄ったパーツ屋で純正が売っていた)に交換しました(´▽`)ノ
Fブレーキがドラムなので、こっちもついでにばらして見てみようかとばらしたら・・・・

af24giorno-3

うは!ブレーキシューが無くなる手前だったり(^-^; こりゃワイヤーだけ直しても危ないよ(^-^;
ここは私が持っていたホンダ用の新品ブレーキシューを使って組みなおしました。

さぁ今度はおおよそ見当が付いているキャブレターの清掃です。
とはいっても、ジョルノの場合はキャブレター部分がカウルで覆い被さっているので、カウルを少しずらさなければいけません(^-^; (エンジンはAF24Eなのですが、ほとんどDioのAF18Eとディメンションが共通だからメンテはしやすい(^-^;)

af24giorno-4

・・・案の定、エアクリーナーのスポンジがボロボロになっていました(汗)
おまけにキャブレターが砂汚れで酷いことになってました(^-^;

af24giorno-5

多少エアクリーナーのスポンジを吸い込んだ形跡があるので、可能な限りキャブレターをばらして綺麗に清掃しました。
キャブはDio / スーパーDio系とは少し違うものが付いています。

後は元通りに組み付けて完成です(´▽`)ノ

af24giorno-1

ナンバーが無い状態なので、自宅前の駐車場でちょっと走ってみましたが、エンジンも調子良く吹け上がるようになりました(´▽`)ノ
Fブレーキも効きます・・・が、サスがヘタっているのでちょっとの制動でもフルボトムしてしまいます・・・ちょっと恐い(^-^;

あとは気になったところを修正して、また里子に出す予定です。

・・・あと会社においてある「ZOOK」も直さないと・・・(^-^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です