月別アーカイブ: 2011年8月

AF24 ジョルノを修理しました

え~、連発で原付ネタです(^-^;

af24giorno-1

同業者の方から、「ホンダ ジョルノ」を譲ってもらいました(´▽`)ノ
何でも車を買ってしまったために、ほとんど乗らなくなってしまったのだとか(^-^;
正確に言うと、昔私が修理して売ったバイクが再び(三度)戻ってきたことになります(汗)

このジョルノ、正真正銘の前期型です。 ただAF24の形式は「タクト」と一緒なのが謎です(^-^;

引き取った時にエンジンがかかって乗って帰れたのですが、途中でエンジンストップしてしまって押して帰ってきました(汗)
この頃の原付全般に言えるのは、大方キャブレターやエアクリーナー、プラグ等を清掃するといとも簡単に直ってしまうんですよね(笑) さすが2サイクルエンジンですね(´▽`)ノ

さて、乗って帰った時からFブレーキワイヤーがご臨終していたのでまずはそこから・・・。

af24giorno-2

一生懸命作業中です(笑)
ジョルノのFサスが「ボトムリンク式」なので、Fカウルをばらすのに結構コツが必要でした(^-^;
Fブレーキワイヤーを新品(たまたま寄ったパーツ屋で純正が売っていた)に交換しました(´▽`)ノ
Fブレーキがドラムなので、こっちもついでにばらして見てみようかとばらしたら・・・・

af24giorno-3

うは!ブレーキシューが無くなる手前だったり(^-^; こりゃワイヤーだけ直しても危ないよ(^-^;
ここは私が持っていたホンダ用の新品ブレーキシューを使って組みなおしました。

さぁ今度はおおよそ見当が付いているキャブレターの清掃です。
とはいっても、ジョルノの場合はキャブレター部分がカウルで覆い被さっているので、カウルを少しずらさなければいけません(^-^; (エンジンはAF24Eなのですが、ほとんどDioのAF18Eとディメンションが共通だからメンテはしやすい(^-^;)

af24giorno-4

・・・案の定、エアクリーナーのスポンジがボロボロになっていました(汗)
おまけにキャブレターが砂汚れで酷いことになってました(^-^;

af24giorno-5

多少エアクリーナーのスポンジを吸い込んだ形跡があるので、可能な限りキャブレターをばらして綺麗に清掃しました。
キャブはDio / スーパーDio系とは少し違うものが付いています。

後は元通りに組み付けて完成です(´▽`)ノ

af24giorno-1

ナンバーが無い状態なので、自宅前の駐車場でちょっと走ってみましたが、エンジンも調子良く吹け上がるようになりました(´▽`)ノ
Fブレーキも効きます・・・が、サスがヘタっているのでちょっとの制動でもフルボトムしてしまいます・・・ちょっと恐い(^-^;

あとは気になったところを修正して、また里子に出す予定です。

・・・あと会社においてある「ZOOK」も直さないと・・・(^-^;

Dioのリヤブレーキを交換しました

え~、引き続きDioネタです(^-^;

af25_diosr-1

ここ数日関東地方は雨・・・(´Д⊂
少ない休日にも雨が降るというちょっといただけない状態でしたが、昼近くに雨が上がったので、さっさとDioのブレーキを交換してやろうと思ってやりました(´▽`)ノ
駆動系もそうだったんですが、約2年ノーメンテ状態だったのでRブレーキの調整カムが限界まで入ってしまっていて効きが悪くなっていたので新しいブレーキシューと交換しました。

af25_diosr4-3

ばらし途中の図です(^-^;
スクーターのほとんどはマフラー(チャンバー)を外してからでないとRタイヤって取れませんよね?
慣れているとはいえ、ホンダ縦エンジンのスクーターはメットINを外してからでないとマフラー脱着が困難を極めます・・・というか、ほぼ無理?(^-^;
んで、えっさほいさとRタイヤを外してブレーキシューを見ると・・・あれ?思ったより減って無いじゃん・・・(^-^;
う~ん、ブレーキカムの高さ調整だけでもう少し使えそうでしたが、せっかくばらしたので買ってきたブレーキシューと交換しました。

af25_diosr4-4

ブレーキカムに少量グリスを塗って組みなおし、ブレーキシューも少し面取り加工をして取り付けました。
あ・・・ブレーキカムレバーは長い事しまってあったKN企画の「Dio系用ブレーキカムレバー」です(笑)
後はばらした逆の順序で組みなおして完成です(´▽`)ノ

この後また雨が降ってきたので走ってはいません(汗)
明日の出勤から少し慣らしをしてやろうと思います(´▽`)ノ

Dioの駆動系をばらしました

久しぶりのまともなDioネタです(^-^;

a84cabb5.jpg

約2年駆動系をメンテしてなかったので、いい加減やらないと・・・と思ってやってみました。
・・・本当は引越しの際に工具がどこかに行ってしまって、やっていないだけという説が(ry

DSCF0016

社外の特殊工具「HONDA系プーリー外し」を新たに購入(これで3度目だったり(^-^;)してばらしました。
慣れると20分もかからずにここまでばらせます(´▽`)ノ
うわ~、マロッシのプーリーのフェイス部にうっすら段差が出来てるし、ウエイトローラーがズタズタに偏磨耗してるし・・・(^-^;
・・・ウエイトローラーはDAYTONAの7.5gとKN企画の6.5gを3個ずつ使用してました。
これじゃエンジンが回るだけで加速が鈍っていた訳ですねぇ(^-^;

意外だったのはDAYTONAの強化ベルトです。
約4年使用したにも関わらず、買ってきたKN企画の強化ベルトとほとんど太さが変わらなかった事です!(゜д゜)
おまけにまだひび割れすら起こっていないし・・・(^-^; どれだけ「当たり」なんだ?このベルトは?(^-^;
今回は買ってきたKN企画の強化ベルトとマロッシのプーリー純正指定のWR 7.0gを6個と交換しました。

DSCF0018

んで・・・清掃後に組み付けました。
あ・・・、ベルトは正確にはKN企画の「7017-SS」です。 スーパーDioZXとGダッシュ、DJ-1RR専用となっています。
以前同じベルトを使用しましたが、1年でボロボロになってしまいました・゚・(つД`)・゚・
ですが現在のKN企画のベルトは国内生産になってどれだけ耐久性が上がったかを見るために暫定取り付けです。

さて、組み付けて約20Kmほど慣らしをしてフル加速してみました。
・・・おぉ?エンジン回転は少し落ちているものの、以前より力強く確実に加速していきます!!(´▽`)ノ
気付くと結構スピードが出ています・・・これは気をつけないとお巡りさんがにっこりしながらおいでおいでする事請け合いですね(汗)

駆動系はほぼリフレッシュできたので、次回はRブレーキをメンテします(^-^;