私がどう貴女を慰めても、届かないじれったい想い


君は泣いていた。
ネット世界の片隅で、しくしくしく・・・泣いていた。

私が君の泣いている姿を見たのは、偶然通りすがったチャットの部屋。

確かに君は泣いていた。
話し掛けて見ると、とても泣いていた様に見えない話し振り。
・・・そんな強がり、私にはするな。 ・・・私はすでに君を見たのだから・・・。

それでも私はこう思った。
泣いている君が笑顔になるなら・・・と。

やがて君は、私に会いたいと振ってきた。
私は躊躇わず、OKした。 ・・・とにかく笑顔が見て見たい・・・と。

君は少し遅れて、待ち合わせの場所に到着した。
・・・私の容姿に少し怯えている様な・・・初対面だった。

君と遊園地に行って、カラオケに行って、食事をした。
・・・うん、私には本心を明かしてくれないんだな・・・と悟った。

そして夜、別れた。
・・・その日以後、頻繁に送ってくれたメールも音沙汰ない。

やっぱりな。
私の純粋で優しい内面は、貴女には届かなかったんだろう。
届かないということは・・・結局私が気に入らなかった他ならない。

・・・そして月日は何事もなく過ぎ去っていくのだろう。
このじれったい想いを心の片隅に置いたまま・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です