10年の沈黙


あの日、私の心は時間を止めた。

「こんなはずじゃなかった・・・」

絶望という言葉に心を失い、気が付いたら此処に居た。

夜が明けてもこっ酷く説教されましたよ。迎えが来るまで私もこっ酷く泣きましたよ・・・。

「生き恥を晒して生きてゆくなら、心を止めてやる!」

・・・

あの日から10年の時を経て、心の時間を動かしに行った。

10年前と変わらぬ建物が私を迎えていた。

むしろ待っていたかのように、あの日と同じように・・・。

しかし私を知る人は皆無であった。当然だ。

あの日から87648時間が経っている。居たとしてもうろ覚えであろう。

建物に浅く一礼して、その場を離れた。

そして私の止まった心は静かに動き始めた。

心の中に、10年ぶりの陽が昇った。

再び絶望に見回れても、もうあんな思いはしたくない。してはならない。

心を10年止め、置いてくれた「FYK」よ、ありがとう。

また来る絶望の、無い事を・・・。

10年の沈黙」への1件のフィードバック

  1. エリ

    [絵文字:v-209]
    [色:FF33FF][太字](=^・^=)ノシおはようデち
    覗きにきまツタ。
    たまに見に来ますのでヨロシク<(_ _)>[/太字][/色]

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です