HDDを擬似SSD化第三幕 Sandiskの諸刃の剣


第二幕からの続きです(´▽`)ノ

Sandisk「Extreme III」の結果を出した後に急遽秋葉原に向かった私(^-^;
買って来たのはSandisk「Extreme IV」でした(爆)

DSCF0094.jpg

「Extreme IV」はU-DMA対応のSLC技術のCFであるので、これがどのような結果になるかワクワクしながらWindowsXPをインストールしました。

b19b3580.jpg

うおおおお!確かにインストールが速くなってる!(゜д゜)
それでも2時間ほど掛かったのはご愛嬌ってことで(汗)

XPを動かすと・・・おい!これ本当にCFか?という位に滑らかに動きます!
しかし「Extreme III」同様、「リムーバブルディスク」と認識してしまうので、これまた「MicroDiskDriver」を使用してHDDとして認識させました(^-^;

そして「Crystal DiskMark」で速度を計測したんですが

--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 22.518 MB/s
Sequential Write : 12.863 MB/s
Random Read 512KB : 22.531 MB/s
Random Write 512KB : 6.892 MB/s
Random Read 4KB : 8.172 MB/s
Random Write 4KB : 0.100 MB/s

Test Size : 50 MB

・・・殆どHDDでの運用と変わりありません(笑)
多少ディスク(CF)への書き込み段階で引っ掛かりがありますが、全然気にせず運用できます!!(゜д゜)

良い事尽くめでありましたが、もちろん欠点も忘れてはいけません(汗)

それは「CF2枚挿し」で運用をすると、恐ろしく不機嫌になることです・゚・(つД`)・゚・
3日費やして色々と試してみたのですが、「CF2枚挿し」にした途端にPIO転送固定になってしまい、めちゃくちゃ遅くなるんですよ(´Д⊂ヽ

私の665MC2での結果ですが、擬似SSD化は1枚のCFでの運用が望ましいようです(^-^;

それでも「WindowsXP」を可能な限り軽量化&レジストリチューンしていますから、ネット観覧やチョッとしたデータやり取り等に使える665MC2になりました(´▽`)ノ

次回はこの辺を書き綴りますね(^-^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です