HDDを擬似SSD化第二幕 SLCのCFにすると?


先日の擬似SSD化で新たなる光明を垣間見たので、今回はちゃんとしたパーツを買ってきてリベンジしてみました(´▽`)ノ

c007f855.jpg

IDE CF変換アダプターの「宇奈根」とSanDiskのCF「Extreme III」です。
ググって情報を見てみると、SanDiskのCFを擬似SSD化したレビューをあまり見かけなかったので人柱覚悟で導入してみます。

DSCF0084.jpg

先日実験したCFとアダプターを比較。
「宇奈根」はCFカード2枚挿しが出来るので、成功したら2枚挿しで運用をしてみようかと(^-^;
「Extreme III」はU-DMA転送に対応していないですが、SLC(single-level cell)技術で高速らしいので、先日の16GBのCFとどう違うのかを自身で知る為にも購入しました(^-^;

DSCF0089.jpg

こんなかたちでマウントしました。
先日の変換アダプターより大きいですが、ちゃんと固定できるので当て物をせずに済みます(笑)

b19b3580.jpg

んで、お約束のXPをインストールです(^-^;
今回は2枚挿しの事を想定して、BIOS設定でHDD認識を「自動」としてみました。

おぉ!HDDまでとは行かないまでも結構早くインストール終了しました(´▽`)ノ
ちなみに3時間ほど掛かりました(汗)

XPを動かすと、先日のCFより明らかに引っ掛かりは少なくなりました!
しかし「Extreme III」は「リムーバブルディスク」と認識してしまうので、ググってHITACHIの「MicroDiskDriver」を使用してHDDとして認識させました(^-^;

そして「Crystal DiskMark」で速度を計測したんですが
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 4.667 MB/s
Sequential Write : 3.824 MB/s
Random Read 512KB : 4.724 MB/s
Random Write 512KB : 2.178 MB/s
Random Read 4KB : 3.319 MB/s
Random Write 4KB : 0.039 MB/s

Test Size : 50 MB

1回目のCFはU-DMA転送で読み込み速度は出ていましたが、書き込み速度の遅さが出てしまって全体的にストレスを感じましたが、今回はPIO転送なので確かに遅さはありますが、1回目のCFより全然快適に使うことができます!(゜д゜)
ここにSLCとMLCの差がはっきり出たのではないかと思います。

しかし・・・しかしですねぇ・・・。
U-DMA転送ならどうなるんだろ?(゜д゜)

そんなわけで、急遽・・・
DSCF0094.jpg

はい、SanDiskの「Extreme IV」です(爆)
勢い余って「Extreme III」で結果を出した後、秋葉原に(ry

この結果は次回までお楽しみに~

HDDを擬似SSD化第二幕 SLCのCFにすると?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です