月別アーカイブ: 2009年3月

SanDiskのCF vs OCZのSSD

thinkpad_x40.jpg

ThinkPad X40を購入したは良いんですが、肝心要のHDDが無いんです(^-^;
で、先日も言ったようにCFを使って暫定的に動かしてみました(´▽`)ノ

tpx40_open2.jpg

CF変換アダプターを差し込むにあたって、なべラボさん等のサイトを参考に上側を分解して取り付けました。
アダプターはエアリアの「宇奈根」です。

tpx40_open3.jpg

しかしCFを取り付けると、蓋の内側の出っ張りが僅かに邪魔をして完全に閉まらなくなります。
コレは出っ張りを切除する事で解決できました(´▽`)ノ

あとはWindowsXPをクリーンインストールです。
USB接続のCD-ROMからブート出来るのでとても快適に、しかも速く終了!(゜д゜)
使用CFはSanDisk Extreme IVです。
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

Sequential Read : 45.472 MB/s
Sequential Write : 31.636 MB/s
Random Read 512KB : 45.598 MB/s
Random Write 512KB : 8.901 MB/s
Random Read 4KB : 11.250 MB/s
Random Write 4KB : 0.103 MB/s

Test Size : 50 MB

・・・あのぉ・・・恐ろしく快適なんですけど・・・(汗)
FMV 665MC2で苦労した努力はどこへやらですYO!(゜д゜)
しかーし!この後私はいけない情報をネットで見てしまったのである!!
そして速攻で秋葉原に(ry

3b00cebd.jpg

OCZ SSDPATA1-32G18 です。若松通商さんで購入しました(汗)
「HITACHIタイプ」1.8インチ接続のSSDが1種類(PhotoFast G-monster)しか無い状態でしたが、コレは容量もあって安い!!と思って購入しました(^-^;

早速取り付けてBIOSにて
c0fb1e41.jpg
おお!ちゃんと認識しました!(´▽`)ノ
そしてWindowsXPをインストール・・・
なんだコレは!!(゜д゜)速いぞ!おぃ!!
そして一通り(ServisePackとかX40のドライバとか)のセットアップを終了させて、ベンチを取ってみました。

141e19f3.jpg

・・・すんごくきびきび動きます。
これでやっと、私のX40も「リアルモバイル」できるようになりました(笑)

ここまでやった設定とかは後日また(^-^;

ThinkPad X40購入

PC関連が続きますがご了承を(^-^;

先日秋葉原で「Lenovo(IBM) ThinkPad X40」を購入しました(´▽`)ノ

thinkpad_x40.jpg

「ThinkPad X40 (2371-K5J)」です。 超低電圧Pentium-M 1.5GHzのモデルです。
詳細は各自でググってもらうとして・・・(汗)
某ショップでHDD無し、非純正(他のThinkPad機種の純正)ACアダプター付属で14800円でした(゜д゜)
なんだか「あのぉ・・・買ってください・・・(´Д⊂ヽウェェェン」と涙ぐましく?置かれていたので購入しました(汗)

ThinkPad X4x系はググるとかなり情報が出てきますが、標準の1.8インチHDDの遅さとバッテリーの持ちの悪さがネックになっているんですね(^-^;
しかし!私はその先日までFMV 665MC2で養った「HDDをCFに変換する」手法を使えばかなりな小道具に進化する事請け合いです(´▽`)ノ

さて、立派な小道具に仕上げてみましょうかΨ(`∀´)Ψケケケ

HDDを擬似SSD化第四幕 中まとめ

ここまでやってきた「HDDを擬似SSD化」について、少しまとめてみました(´▽`)ノ

このまとめは「私が所有するFMV LIFEBOOK 665MC2」にて実験した結果であり、全てのノートPCにおいて同じ結果になるとは限りません。

☆CFカード
・GREENHOUSE GH-CF16GD
最初に実験用として購入したCFカードです。16GBのMLC、U-DMA転送対応。
FMV665MC2のBIOS上では自動・手動共に「CF-CARD」として認識。
WindowsXPインストールに5時間以上を費やしました。XP上ではHDDとして認識。

読み込み速度はU-DMA対応なので私が購入したCFカードで最も速かったですが、書き込み速度が壁に投げ付けたくなるほど激遅!(´Д⊂ヽ
ものは試しに「EWF」を導入しましたが、コレだと今までのもたつきがウソのように払拭され快適に(´▽`)ノ
このCFをシステムディスクとして運用するならEWF化は必須だと思います(^-^;
もっとも容量と速度がアンバランスなので、データ専用に割り切った方が賢明かと(^-^;

・SanDisk Extreme III 8GB
2番目に購入したCFです。8GBのSLC、U-DMA転送非対応。
FMV665MC2のBIOS上では自動・手動共に「Sandisk SDCFX3-008G-(PM)」と認識。
WindowsXPインストールに3時間費やしました。XP上ではリムーバブルディスクとして認識。
そのままだとWindowsUpdateやアプリがインストール出来ないので「HITACHI Microdisk Driver」を使ってHDDとして認識させる必要があります。

読み込み速度はU-DMA非対応ながらそこそこ速く、書き込み速度もまずまず使える速度。
ベンチマークの速度は振るわないものの、一番安定性があってかなり使えると思います(´▽`)ノ
無理にEWFを導入しなくても使えますね。

・SanDisk Extreme IV 8GB
3番目に購入したCFです。8GBのSLC、U-DMA転送対応。
FMV665MC2のBIOS上では自動・手動共に「Sandisk SDCFX4-8192-(PM)」と認識。
WindowsXPインストールに2時間費やしました。XP上ではリムーバブルディスクとして認識。
そのままだとWindowsUpdateやアプリがインストール出来ないので「HITACHI Microdisk Driver」を使ってHDDとして認識させる必要があります。

読み込み速度はU-DMA対応で速く、書き込み速度もHDDと違和感無い(ような気がする)速度。
ただし使用環境による相性が激しいらしく、私の環境ではどうあがいても「U-DMA Mode 2」の速度にはなりません(´Д⊂ヽ

ベンチマークの速度は確かに頷ける速度ですが、安定性にやや難有りです(´Д⊂ヽ
EWFはアウトオブ眼中ですね(笑)

☆変換アダプター
・PCB-CF/IDE25-M
最初に購入した変換アダプターです。U-DMA転送対応のCF1枚挿しです。
コレだと不思議なことに、665MC2本体のHDDのアクセスランプが点きません(^-^;
本体の作りが大雑把なので、最初にピンのバリ取りやショート防止を施した方が良いです(^-^;

・AR-IDE2CF442 (世田谷電気 「宇奈根」)
2番目に購入した変換アダプターです。U-DMA転送対応のCF2枚挿しです。
665MC2では正常にIDEマスター/スレーブを認識。
CF2枚挿しでやや相性に難があるようです(^-^;

・SD-ID22CF-R2 (エアリア 龍 for2.5” SpecB)
3番目に購入した変換アダプターです。U-DMA転送対応のCF2枚挿しです。
665MC2では正常にIDEマスター/スレーブを認識。
他の古いノートPCを擬似SSD化する場合、コレが一番良いかもしれません(´▽`)ノ

・・・とまあ、中まとめはこうなりました。