HDDを擬似SSD化


富士通 LIFEBOOK 665-MC2のHDDを擬似SSD化してみました(´▽`)ノ
以前から「ゼロスピンドル化改造」なる名前でトライした人がいますが、ASUSのEeePCのヒット以来HDDをSSD(シリコンディスク)に交換する改造が注目されているようですね。

cf_adapter.jpg

買ってきたのは 2.5’IDEをCFに変換するアダプタと16GBのCFです。
どんなものか実際に試すだけなのでCFの性能等は今回度外視ってことで(笑)

226f47c4.jpg

665MC2に限らず、MC系なら本体裏のビス6本はずしでHDDが拝めます。

chenge_HDD_3.jpg

こんなかたちでマウントしました。凄くスッキリしますね(笑)

b19b3580.jpg

元に戻して電源を入れてBIOSで認識されたかを確認。
認識はOKですが、自動設定だと転送速度がPIO2固定になります(汗)
設定をHDDとして手動でクラスタサイズ等を計算して入力、無事HDDとして認識しました。
もちろんU-DMA mode2(U-DMA33)の速度になりました(´▽`)ノ

そして何事も無かったかのようにXPをインストール・・・
何か遅いぞコレ・・・(´;ω;`)
インストールに5時間も掛かりました(汗)

一応XPは動いてるけど引っ掛かるようなモタツキ・・・(汗)
試しに「Crystal DiskMark」で速度を計測したんですが

Toshiba製の20GB HDD
Sequential Read : 20.713 MB/s
Sequential Write : 19.554 MB/s
Random Read 512KB : 13.339 MB/s
Random Write 512KB : 12.214 MB/s
Random Read 4KB : 0.285 MB/s
Random Write 4KB : 0.283 MB/s

擬似SSD化(CF16GB) FAT32
Sequential Read : 29.184 MB/s
Sequential Write : 2.959 MB/s
Random Read 512KB : 29.061 MB/s
Random Write 512KB : 1.098 MB/s
Random Read 4KB : 7.240 MB/s
Random Write 4KB : 0.011 MB/s

擬似SSD化(CF16GB) NTFS
Sequential Read : 28.583 MB/s
Sequential Write : 8.577 MB/s
Random Read 512KB : 29.141 MB/s
Random Write 512KB : 1.132 MB/s
Random Read 4KB : 6.607 MB/s
Random Write 4KB : 0.012 MB/s

上記3つの計測は自分なりにググってレジストリ最適化やファイル削除をした後に計測。

HDDの機械音が無くなり、発熱もほぼ無い状態なので使い心地はいいかもしれません。
しかし・・・CFの性能なのか、無反応状態が頻繁に起こります(´;ω;`)
これが高性能なCFや本物SSDだったら十分な速度が出るかもしれません。
こと読み込み速度はこのノートでも明らかに速い!と実感できるのですから(汗)

でもこの改造で思ったのですが、自分の改造スキルにかなり良い勉強になるのでは?と思ったので、暇があったら他のCFアダプターや高性能CFを使って試してみようと思います(´▽`)ノ

近日この模様をHPに詳しく記載しますね(´▽`)ノ

HDDを擬似SSD化」への3件のフィードバック

  1. がる

    確かに遅過ぎ・・・(^-^;
    只今EWFを実装させてテストしている最中です(汗)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です