ジャンクから復活へ


先日秋葉原で売っていたジャンクのノートPCを復活させました(´▽`)ノ

54f87dc5.jpg

富士通 LIFEBOOK 665-MC2です。
詳しいスペックは下記から・・・
http://www.fmworld.net/biz/fmv/product/hard/blb0204/spec_mc.html

このノートは某ショップで2Kでした(^-^;
おそらくどこかの企業のリース期限切れのモノだったと思われます。
メモリは128MB、HDDは無しだったので、20GBのHDDを別途購入してWindowsXPを入れてみました。

5105ef3a.jpg

こんな具合で・・・(汗)
FDDはジャンクで500円のUSB接続タイプ、CD-ROMは押入れで眠っていたFLORA 270GXから取り外し、USBスリムドライブケースに入れて使用しました。

この構成でおよそ2時間かかり、XPは無事インスト完了しました(´▽`)ノ
しかし128MBのメモリだともっさりした挙動が何とも言えず・・・(汗)
仕方なく、256MBのメモリを増設したのですが・・・やってしまいました(゜д゜)!

058166ce.jpg

上記の写真は同じ [144pin PC133 256MB] のメモリですが、メモリチップの数が違います!

私が最初に買ったのは写真左上のチップ8枚のものでした。
これだとうんともすんとも言ってくれませんでした(T_T) FLORAでは動くのに・・・(汗)

Googleで調べると、この機種は256MBメモリを実装する際、両面で16枚チップのものでないと認識できない機体があるみたいです・・・。
次の日に慌てて秋葉原に買いに行ったのは言うまでもありません(汗)
256MBを実装させると小気味よく動くPCになりました(´▽`)ノ

このPCは友達のPC修理の時等にヘルプ的用途で使います。
同時に最近流行の「HDDをシリコンディスク化」にする実験機としても使って行こうと考えてます(^-^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です