首相「果実を給与に」 春闘中異例の賃上げ要請


http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/n_fukuda__20080306_17/

・・・何も分かっちゃいないんだね(苦笑)
用は「無駄な税金支出」があるのなら、一切それをやめるべき。
合わせて役人の給料(特に議員や官僚)を引き下げるべき。

・・・政治の中心で働く者は、絶対に高禄をはんではいけない。
政治というものは多くの場合むごいものであり、人々の反感と時として憎悪まで呼ぶものである。
その反感と憎悪の矢おもてに立つ人間が、高禄をはみ、私の生活で贅をつくしては、政治の正当さを人々に疑わせるものである。
担当者が何一つ報われることなく、清貧の中にあってこそ、厳しい政治も渋々ながら認められるものだ・・・。

・・・とは某小説の某官僚武士の台詞の引用だけど、もっともだと思う。
銭の亡者よ、少しは一般市民の実情を考えてほしいな。

首相「果実を給与に」 春闘中異例の賃上げ要請」への1件のフィードバック

  1. アイヴァーン

    市井の声を知るには市井に近くなくては無理でしょう。
    少なくとも、政治にお金がかかるといいながら、一般大衆とまったく異なる生活を送れるだけでもそのお金はいったいどこから?という声があがりそうなものです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です