初代Dioを修理


af18dio1.jpg

今日は(というより今日こそは)私の乗っていた初代Dio(AF18型)を修理しました。
2年ほど友達に預けていて先日引取ったのですが、雪やら何やらで手付かずの状態でした(汗)
手直しの部品もだいぶ揃ってきたのでとりあえず作業しました。

まずは鍵をなくしてしまっているので、キーセット一式を交換。
これは思ったより時間かかることなく終了。

次に2年動いていないエンジンをチェック。
キックはまともに動きちゃんと圧縮はしている様なので、キャブレターを分解して掃除。
やはりガソリンが変な液体に変わっていましたね(汗) メインジェット・スロージェットの穴を極細の待ち針を使ってキャブクリーナーで洗浄。
原付やバイクで不動車になってしまった時は、大抵キャブレターの詰まりが原因である事が多いですね(経験者は語る)

きちんと組みなおしてキックキックキックキックキックキックキック・・・あれ?一向にエンジンがかかりませんね?(^-^;
どうやらガソリンがキャブレターまで来ていないようなので、燃料ポンプを点検してついでに燃料フィルターを社外品に交換しました。
以前ネットで調べた所、Dio系は長くエンジンをかけていないと燃料ポンプからガソリンがタンクに戻ってしまうようです。

それを踏まえてキャブクリーナーを充填させ、ひたすらキックキックキックキックキックキックキックキックキックキック・・・ブブブ・・・ブル~~~~~~~~~ン・・・
おぉ!エンジンかかりました!!ヽ(´▽`)/
しかし2年ぶりに始動したエンジンは白煙が凄いです(汗)
すぐさま広い道路まで移動させて、温まるまで人の迷惑顧みずレーシングさせました。
そんなこんなでエンジンに異常は見られないようなので一安心ですヽ(´▽`)/
あとは純正レプリカのシートを付替えて、今日は終了しました。

後はブレーキとタイヤを交換すればまともに走れます(ナンバー取得済み)

af27dio1.jpg

今現在の私の愛車(スーパーDio)ですが、初代Dioに今付けているパーツをすべて移植して他家に嫁ぐことになりました。
暖かい日があれば徐々に作業を進めようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です